マヤ文字 #61/100: 世界の 100 の文字体系を巡る旅

マヤの象形文字の暗号を解読: 時間と文化を巡る旅

マヤの象形文字の文字表

文字タイプ: マヤの象形文字は、表語文字 (単語全体を表す記号) と音節要素 (個々の音節を表す記号) の両方を組み合わせた表語音節表記体系です。

筆記方向: マヤの象形文字は通常、左から右と上から下の向きの組み合わせで書かれ、ブロックまたは列に配置されることがよくあります。

作成者と発明時期: マヤの象形文字の表記体系は紀元前 300 年頃に誕生したと考えられており、その完全な発展は古典マヤ時代の西暦 200 年から 900 年の間に起こりました。文字は何世代にもわたって徐々に進化していった可能性が高いため、文字の作成を単一の個人に帰することは困難です。

使用期間: マヤの象形文字の使用は、紀元前 300 年頃から西暦 16 世紀まで、数世紀にわたって行われました。しかし、スペインによるアメリカ大陸の征服後、この文字の使用は大幅に減少しました。

人口と現在の使用状況: マヤ象形文字は主に、現在のメキシコ、グアテマラ、ホンジュラス、エルサルバドル、ベリーズの一部に居住していたマヤ文明で使用されていました。現在、日常のコミュニケーションに象形文字を積極的に使用している人はいませんが、象形文字を保存し、研究する取り組みが行われています。

使用分野: マヤの象形文字は、歴史上の出来事、宗教的儀式、天体観測、王の家系図の記録など、さまざまな目的に使用されました。この文字の碑文は、石碑、陶器、壁画、写本(古文書)などに見られます。

文字に関連する言語: マヤの象形文字は、マヤ言語を記述するために使用されました。マヤ言語は、現在もマヤ地域の先住民コミュニティで話されている関連言語のグループです。

興味深い事実:

  1. 複雑な体系: マヤの象形文字は世界で最も複雑な文字体系の 1 つであり、800 を超える固有の記号で構成されています。文字の解読は、学者らによる数十年にわたる献身的な研究を要した困難な作業でした。

  2. 解読の画期的な進歩: マヤの象形文字の真の理解は、1980 年代と 1990 年代に文字の解読において大きな進歩を遂げた考古学者で碑文学者のデイビッド・スチュアートの画期的な研究から始まりました。

  3. 法典とその秘密: マヤ族には、樹皮紙で作られた折り畳まれた本である法典がいくつかあり、そこには文化、天文学、宗教的実践に関する貴重な情報が含まれていました。植民地化中にスペインが破壊しようとしたため、これらの文書のうち生き残ったのはほんのわずかです。

  4. ロングカウントカレンダー: マヤの象形文字により、マヤはロングカウントとして知られる高度な暦システムを開発することができました。これにより、将来の出来事を含む長期間にわたる日付を記録できるようになりました。

  5. 不朽の遺産: スペインによる征服後の象形文字の衰退にもかかわらず、マヤ文化と言語はマヤ地域の先住民族コミュニティの間で今も繁栄しています。現代のマヤ学者がその理解と継続に貢献し、この文字を保存し再活性化する取り組みが進行中です。

マヤの象形文字は、古代マヤ文明の知的成果と文化的豊かさの証拠です。文字の解読により、彼らの歴史、宗教、社会構造の謎を解明する扉が開かれました。この古代の文字体系の複雑さをさらに深く掘り下げていくと、マヤ族の驚くべき遺産と彼らが古代文明の世界に残した消えない痕跡についての貴重な洞察が得られます。

世界の 100 の書記体系のカバー


私たちの本「 100 Writing Systems of the World 」でマヤ文字やその他の文字を練習しましょう!

魅力的な 1 冊の本で、世界中の 100 の多様な文字体系を学びましょう。完全な登場人物表と重要な情報が提供されているので、さまざまなスクリプトを書く練習をします。 43 のアブギダ、33 のアルファベット、14 のアブジャド、10 の音節文字、および 2 つの表語文字を探索しながら、白紙の右ページで想像力を羽ばたかせましょう。数体系を詳しく調べて、独自の書記体系を設計することもできます。今すぐ「100 Writing Systems of the World」で世界の文字の美しさと多様性に浸ってください。創造力を発揮して今すぐ注文してください!

世界構造の 100 の書記体系

ブログに戻る